何か笑えて元気が出る漫画が読みたいと思って東村アキコ先生の「東京タラレバ娘」を購入しました。

33歳の独身女性3人組があのときこうしていたら、ああしていればと「タラレバ」を居酒屋で愚痴るのですが、その掛け合いがテンポ良く、自分を振り替えって思わずあーわかると言ってしまいます。ヤリサー エロ漫画なんかも大学時代を思い出します。

そんなタラレバ3人組の前に若いイケメンモデルKEYが表れ、「転んだときに助けてもらえるのは25歳まで、おばさんは自分で立ち上がれ」といい放つシーンがあるのですが、もうアラサー女子の仲間入りしてしまった自分にもガツンと来る一言でした。

この漫画を読むことで悩みが解決する訳でもないのですが、落ち込んでる場合じゃない、腹立ててる場合じゃないとやるべきことをやろうと自分に渇を入れてくれます。

言うことは辛辣なKEYなのですが、倫子に優しくするシーンがあったり、少しだけ影があったりして、ちゃんとトキメキをくれるイケメンなので、トキメキと元気と笑いを一気に補給したい方におすすめ

最近は、女流作家の海のつなみ先生が描く漫画にハマっています。
この作者は、しばらく前に電子書籍の無料版を読んでから知りました。

「逃げるは恥だが役に立つ」
という漫画です。

この作品は、ごく最近の日本が舞台です。
高学歴のヒロインがなかなか仕事にありつけず、仕事としての「契約結婚」をするという、大変変わった話なのです。

そこには、現代社会がかかえる、雇用問題、結婚した方が法的に安定する、などという問題もさらりと描かれています。

もちろん、仕事としての「結婚」、家事労働ですから、雇用主の夫とは、性的関係はありません。
というか、その雇用主は、逆に、恋愛事から逃げている青年なのです。

が、よき雇用関係の中で生まれる好意に、お互いがあれこれと悩んだり…と、問題は尽きる事がなく、多種多様に気づかされ、楽しませてくれるのです。

人間関係でも、個性的な人物が多く現れ、かといって、やはり色々な考え方、生活スタイルがあります。

日常生活を新しい視点で切り込んだとても面白い作品です。

設定が面白いなと思った、エロ博物館エロ漫画の社会に役立つ秘宝館。人間の女性が展示されて触り放題っていうシチュエーションと、体勢的に無理がありそうな女の子達の格好が印象的です。

私には、お気に入りの少女漫画があります。「グッドモーニングキス」は全巻揃えて持っています。

この少女漫画は、「グッドモーニングコール」の続編の話なんですが、とにかくほのぼのしている所が楽しいのです。

内容は、イケメンで天然な男子と、可愛くて天然な女子の恋物語なんですが、服装やカフェなどお洒落で可愛い所が好きです。

二人が社会人になり、進路の関係で東京に住むことになりますが、両親の有難みや友達の大切さなど、色々と考えさせられる話でもあります。

遠距離恋愛の話も出てきて、リアルの世界にもありそうな感じです。主人公の二人がボケボケの天然さんなので、見ていて落ち着き、ほっとします。

二人を取り巻く友達や家族も、良いキャラをしていて楽しいです。
この少女漫画によく出てくる、牛乳プリンはコンビニでも実際に販売しているものなので、漫画を読むと必ず食べたくなります。

チンジャオ娘のテニサー 漫画「某有名私立大学ヤリサーの実態」が男子に人気ありますね。大学のヤリサーってこんな感じなのかなと思わずには居られない作品です。

なぜこのマンガが名作といわれ、今なおこんなに愛されているのか、ほんとに言わずもがな。
日本人の心には「ヒーロー」がいないというけれども、「ピンチのときもこの人さえ現れてくれれば大丈夫」って言うのがヒーローならば、悟空がそれに当たるんじゃないかな。

昔はあんなに小さかったのにさ。
このマンガのすごいところは、感動させようとか言う意思を見せていないところ。
内面の吐露を最小限にしているところ。

現代の主流のマンガに比べて、ページあたりの文字情報量が少ないのに間延びしないところ。
ホイポイカプセルとかのメカの発想が驚異的なところ。

ビーデルが空を飛んだ日、日本中の何万人が自分にもできるはず!とわくわくしたことか!
よくドラゴンボールの模倣だ、って非難されてるマンガがあるけど、今マンガを書いている作家でこれに影響されていないやつなんて偽者だと思います。

ロングセラーな人気大人コミックの愛川あん サドヶ島は、昔罪人が流されていた島で今もどこかに彷徨って女を求めているという不気味な伝説があって気を引きました。
許されるはずがないレイプが許されてしまう島へ迷い込んでしまった人妻の運命が気になる作品です。

巨人の星は、巨人のエースを目指す、星飛雄馬、星一徹親子を中心としたスポ根漫画です。
星一徹は元巨人の選手で、幻の名三塁手と呼ばれています。

かつて、ランナーをアウトにするために編み出した魔送球が、巨人軍にふさわしくない、邪道だと川上哲治から指摘され、巨人を去りました。

そんな父を持つ星飛雄馬は、幼いころから、星一徹のスパルタ指導の元、驚異のコントロール、スピードをもった投手に成長します。

やがて、花形満、左門豊作といったライバルや、伴宙太といった親友との出会いを通じて、野球漬けの人生との葛藤の中、成長していく物語です。

この作品はスポ根ものと一言では語れない様々なテーマが込められていると思います。

親と子、家族との愛情。親友、ライバルとはなにか。金のためか、名誉のためか、何のために巨人のエースを目指すのか。

いろいろと考えさせられる作品でした。

まろんまろん やれる子

銀魂は1話完結から数話続くものがあり、内容もお面白いものと真面目なものがあり、そんなところも魅力的です。

私は面白い方が好きです。とはいっても真面目な話の時もいいのです。キャラのかっこよさが引き立ちます。

面白いタイプの話ですが、けっこうパロディをまじえてくるのが最高なんです。世代的にもだいたいあっているので、かなりツボです。

嫌なことがあったりしてもかなり笑えてリフレッシュできます。
幕末の歴史の人物がキャラクターのベースになっているのもとてもいいです。実際の歴史の人物にも興味がわきます。

ただ、名前が微妙に違うので、間違えてしまいそうになりますが。
登場人物が多く、話の流れによってはしばらくでてこないキャラもいますので、関係性を把握するのに少しだけ時間がかかりましたが、魅力的なキャラが多いので、すぐになじめると思います。

私は気に入ったキャラがでている話と面白い内容の話はメモしています。
銀魂は完全に大好きなマンガの仲間入りを果たしました。

その他お気に入りの新歓コンパ 漫画「某有名私立大学ヤリサーの実態」これは、大学のテニサーに入った女子大生がヤリサーの一員になってしまうエロマンガです。

いわゆるヤリサークルの存在は、実際事件が起きたりしてニュースになっていますが、そんなヤリサーを舞台に高峰美春という女の子が堕ちていく内容で激エロで面白かったです。

職人芸的緻密な作画技術をとことん無駄遣いしてしょーも無い(褒め言葉)ギャグ漫画を描くトニーたけざき氏。
その中でもある意味究極とも言えるのがこの作品です。

コーラルピンクの洒落た表紙からして「小指を立てて缶コーヒーを飲むシャア」と言う噴出さずに居られないネタ。しかも絵自体は至極シリアスな雰囲気だから余計アレ。このコーヒーはどう考えても美味く無さそうだ。

で、中身は最初の1、2ページが安彦先生の雰囲気を出しながらの展開…と思わせて一気に「岸和田博士の~」などで見せたボケまくりのトニたけ流ガンダムワールドに窒息寸前。
皆揃って駄目な人になってます。

特に口からでまかせの数々をぶちかますわ、格好つけたふりして必ずどこかでドジるシャアとGメカ(特にGブル)に萌え萌えになってるセイラの駄目っぷりは特筆。

「サク」「サム」や「デギン・ザ・グレート」等のネタも去ることながら、この漫画の功績はホワイトベースの独特の警報音を「てけてんてけてんてけてん」と表記したこと。
「テム・レイのあの回路」を「ガワラスキー回路」と名づけたことでしょう。

私はあまり学生が主人公の青春系作品は読まないのですが、「一週間フレンズ。」は非常に心に刺さる漫画でした。
4コマと通常のコマとがあるのもこの作品の特徴です。
作者の葉月抹茶先生の絵は男女とも優しく描かれていて、とても好感が持てます。

話のメインは友達との記憶が一週間で消えてしまう藤宮香織と、そんな香織と友達になりたい長谷祐樹の物語です。
祐樹と出会うまでの香織は記憶が消えてしまうのを恐れて友達を作ろうとしないのですが、祐樹と出会ってから変わっていきます。
香織は普段は教室などでは冷たくが愛想が悪いのですが、実際に話してみると非常に魅力的で素直で可愛い女の子です。
そんな香織の力になってあげたい祐樹が、香織と友達になるため奮闘しながら二人で前に進んでいきます。

見返りを得るためでなく、お互いを想う気持ちに正直に行動する二人を見て胸が熱くなりました。
よくある学園ものにありがちな、好きだから付き合うみたいな話ではなく、トモダチ以上友達未満とでも言いましょうか。
そんなもどかしさと暖かさのある作品だと思います。

テニス ヤリサー 漫画もおすすめですよ。

銀魂は、銀髪で甘党・天然パーマの主人公「坂田銀時」とメガネにツッコミ担当「志村新八」そしてチャイナ服をまとい超毒舌で絶滅寸前の最大戦闘種族”夜兎”の「神楽」三人が繰り広げるギャグや下ネタ、作品の裏話などをリシュールに伝えていくと同時に、幕府を開国し襲来した宇宙人”天人(あまんと)”により制圧された江戸の物語。

真選組や攘夷志士も登場しますが、土方十四郎はニコチン中毒で重度のマヨラー、近藤勇は志村新八の姉であるお妙のストーカー、桂小太郎は超ロンゲのボケキャラといった具合に似ても似つかないキャラクターの勢揃い。

ただ、やはり侍の国をモデルとしているのでどんなことにも折れない屈強な精神の侍魂を皆持っています。なので戦闘シーンになると今までのふざけた内容などを忘れのめり込み、惚れ込んでしまうほどにコロッと変わるので見応え最高かつ見所満載になっています。

私のお気に入りは「パパと親父のウチご飯」という漫画です。

シングルファーザーの二人の父親が子育てと料理に奮闘するお話です。整体師である千石は元カノとの子である娘を引き取り、漫画編集者である晴海は離婚した妻との間の息子を引き取っており、この二組がルームシェアをすることになります。

家事担当の千石は子供たちの好き嫌いに大苦戦し、お料理教室に通ったり、子供たちにどうにかご飯を食べさせようと頑張ります。出てくる料理は簡単なものが多くカレーや餃子、ハワイアンパンケーキなど真似して作れそうなものばかりで、漫画を読みながら食べたくなること間違いなしです。

料理が美味しそうなことはもちろんなのですが、この漫画の魅力は千石のいい親父っぷりなのではないかなと思っています。特殊な父子家庭を子供に恥じることなくどこよりも楽しい家にすると言ってくれる父親って素敵だなと思います。

こんな親父の子として生まれたかったと思わず思います。何気なく買った漫画でしたが、親子のやりとりに心が温かくなるし、ご飯は美味しそうだし思わぬ広いものでした。