そもそも日本漫画家大全というすげぇ冠が付いているシリーズであるが、日本を代表する漫画家というのを誰が決めたのだ?という問題があります。

新谷かおるの自選作品集としてみれば興味深い、ドラゴン株式会社が掲載されている点が挙げられる。
雑誌休刊につき、未完で終わった作品を加筆修正することなく、そのまま未完のまま掲載するという・・・(笑)

続きがすげぇ気になるじゃねーか。
しかもクライマックスに・・・。
あっ、もう、すごい消化不良です。クレオパトラDCはいつものノリでいいのだが、ALICE12のジャンボvsファントムは短いながらも秀逸です。

あれ、松本零士なら爆発炎上、オッパイポロリなのにね。死んでるよ。
さすが新谷かおるです。燃える展開でした。

「ドラゴン株式会社」はおもしろかったので、打ち切りは残念。最後のフォローが何とももの悲しいです。

とにかく美しすぎる絵です。清水玲子氏の絵はもはや芸術の域に達してるといいと思ってもいいかもしれません。この漫画は結構作者の思うように描かれている作品だと思います。

美しくカッコイイ女性像を主人公の晶に余すことなく清水氏は注いでるかと思います。清水氏の漫画のいいところは少女漫画でありがちな全て美男美女というわけではなく、必ずブサイクキャラやブスキャラも出すところで、メリハリを出しています。

この漫画ではたくさんの名画があります、ミラーの戴冠式などヤバイです。一頁一頁めくるごとにため息がもれてしまうくらい綺麗な絵ばかりです。

内容はかぐや姫ベースですが結構すっ飛んだものになっていて、前回作の月の子と比べるとちょっとまとまりが悪い感じがしますが、最後はなんとかうまくまとめたようです。

ただ、絵があまりにも綺麗なのでそれも許容範囲です。とにかく絵が素晴らしいのでオススメです。

オススメ漫画。
男性向け大人コミックのはだかんぼう教育は、カスガ新の人気学校エロマンガ。教師と生徒達がみんな全裸のエロい学校の授業風景がHで面白い作品です。

いいなり!あいぶれーしょんは、おもらしや股間が題材であるのに、相変わらず体を描くのが下手で下半身に色気が無いです。

だが、この下手さがあるからこそエロと言うよりエッチなギャグ漫画という微妙なゾーンで居る事ができる。

この画風のこの微妙な下手さを狙ってやっているのなら、作風のコントロールは完璧と言える。
個人的には上達しないでこのままで居て欲しい。
話は1巻と比べるとかなり面白くはなった。

ようやくそれぞれのキャラクターが動き出してドラマらしきものが見えてきた。
しかしメインヒロインの雫が一番面白みがないと言うのはかなりの難点かもしれない。
女の子の困った顔と、恍惚の表情が大好きという女性作家ならではの暖かい視点に溢れた作品です。

有害図書ポスト(まだあるのか?)が悦びで涎をたらしちゃいそうな作品。
読んでいるところを目撃されたら、変態の烙印を押されることうけあい。今ならドン引きもついてくる!アニメ化絶対無理です。

ガチのエロ漫画なら、巨乳女子大生がヤリサーのテニスサークルに入ってしまう、某有名私立大学ヤリサーの実態が超エロくて良かったです。高峰美春 無料立ち読みサイトから試し読みが可能です。

俺物語!!は少女漫画としては異色の男気溢れる主人公のラブコメディです。
最近はアニメ化、映画化されています。

その前から話題にはなっていました。表紙には体躯のいい両津勘吉みたいな男が描いてあります。
イケメン、かわいい娘も載っていたので両津が一途に恋する三角関係なのかと思ってました。

書店に試し読みがあったので、見てみると全然違いました。
主人公、剛田猛夫は高1で痴漢から助けた大和という可愛い女子高生からぞっこんに惚れられます。
こんな可愛くて良い娘が猛夫を好きにならないだろ、と思うのですが読み進めるうちに猛夫の純朴さ、男らしさにキュンとしてしまいます。

友人の姉にも猛夫は好かれていて意外とモテモテです。
こんなに頼もしい人に真っすぐに好きになられたら、誰でも恋するかも。
2人の恋も微笑ましいエピソードで、面白いです。
ナヨナヨしたナルシストみたいなイケメンとの恋物語に食傷気味な人、こういうかっこよさを感じてほしいです。

博物館 エロ漫画の社会に役立つ秘宝館は、Hな博物館がエロ面白い作品でこれもなかなか良いと思いました。

漫画のタイトルの7SEEDSとは、政府のプロジェクトの名前で巨大天体が降りそそぎ地球は大災害にみまわれ人類が滅亡の危機になると予測し作為的に選ばれた7人ずつの5チームの未来で生きぬくストーリーです。

ストーリーの設定、展開のテンポともにかなり良く非常に面白いです。
キャラクターもかなり多く出てくるが、各キャラクターの個性がしっかりしていてるのと
各キャラクターごとにかなり掘り下げてかかれているのでわかりやすくなっています。

内容は災害人災で人がたくさん亡くなったり、殺人など悲惨なシーンや恐怖・絶望など重たい部分が多いですが、絵がかなり少女マンガらしいかわいい絵なのでグロ過ぎず
キャラクターの心情によりそえる感じがして、かなり泣けます。

非現実的な内容なのに、人間関係がとてもリアルなので引き込まれます。
同じことをしているのにキャラクターによって褒められたり、嫌われたり…
思いっきりサバイバル漫画なのかなって思うことがあれば、恋愛要素も入っていたり。

絵も内容も独特なので手に取りにくいと思う方が多いようですがどこをとってもたいへん魅力的な作品だと思います。テニスサークル マンガの某有名私立大学ヤリサーの実態~新歓コンパでハメられた高峰美春の場合~もすごいエロくて魅力的です。

今思うと、るろうに剣心のよさって、和月さんの絵柄が、明治初期っていう和洋折衷な雰囲気にピッタリだった、ってことなんじゃないだろうか?

江戸時代の色彩に、西洋の文化がどんどん取り込んでいって、新しい文化が生まれつつある、活気付いてるあの感じです。

その感じはこの作品で立派に表現出来ていたように思います。
もちろんシシオマコトとかの恐さとか、バトルのカッコよさとかいいところもあったけど、それは今になって思えばスパイス的な意味合いしかない気がする。

だって、武装連金にしたって、ガンブレイズウエストにしたってバトルを描いてるのにるろ剣以上に燃えてこないってのは、ファンタジーやメキシカンな雰囲気に、絵柄が合ってないのではって答えがピッタリあてはまります。

やっぱりそういう違和感を、感じてたからるろけん以外の作品は、燃えてこないんじゃないかなぁって思ったりします。

血で血を洗う幕末を乗り越えてきた剣心が、幕末を知らない若い弥彦の世代に、何かを残すっていう物語だったら、また違う感動を覚えたりしたかもとか思ったりします。
まぁ、名作であることは間違いないです。

密かにエロ漫画家のカスガ作品も名作が多いと思ってます。はだかんぼ教室を描いた「はだかんぼ教育」なんかは、全裸で学校生活を送ることで心の成長を促し、一人の少女が友や恋人を獲得する物語りになっていて面白かったです。

この漫画の世界には「国家繁栄維持法」という法律が存在する。
1/1000人の若者は、小学校入学時に課される予防接種にアトランダムに混入されたナノカプセルにより、18~24歳の予め決められた日時に命を失うことになっている。死ぬのは自分かもしれない、そう思わせることにより国民に生命の尊厳を植えつけさせ、それが国家の益々の発展に寄与しているというのだが。

ナノカプセルにより命を失う予定の人間は、死の24時間前に役所の配達員から「死亡予告証(イキガミ)」が届けられる。イキガミを届けられた人間の最期の1日が始まる…。
1巻あたり2話のエピソードが収録されているが、イキガミを渡されるのは決まって無辜の人間である。そして、それぞれ何かしらの事情を抱えている。

イキガミを渡された人間が送る1日は壮絶なものであり、それがこの漫画が「魂揺さぶる…」作品の地位をゆるぎないものにしている。

エピソード7は新米教師と生徒の話。生徒を信じて疑わない教師が問題児の罠にかけられ…。
最期の1日を犯罪に走ってしまう悲しい話だが、物語最後の生徒の一言がせめてもの慰みになっている。

エピソード8は涙無しには読めない。走り屋で借金まみれの夫と17歳で子どもを産んだ妻の物語。ここでひとつ「国家繁栄維持法」の恐ろしさが浮き彫りに…。

単に毎回違う人のストーリーを用意するだけでなく、違う所でまだ謎が残るというところも、中身の充実に一役買ってるかなと。
おもしろい。

テニスサークル 漫画の某有名私立大学ヤリサーの実態も最近読んだけど面白かった。テニスサークルに入部した高峰美春が新歓コンパでこのテニサーの実態がヤリサーだと明かされて、犯されてしまうって内容だけど、実用的に使える作品で良い。

アリーズは、ひと昔前にプリンセス誌で連載していたギリシア神話をもとにした少女漫画で、冬木るりか氏が描く漫画は描き込みがそこまでないにしても余白やページの構成がバランスよく、読みやすくスラスラ読めます。

また神代の神々が現代に転生しているというベタな設定ではありますが、それに加えヒロインの記憶がなかなか戻らないというところもちょっとした謎めきがあって面白いです。絵柄も内容もTHE少女漫画で、足の長い長身の男子や細身の女子は冬木氏の特徴でもあり、キャラクターのファッションなど見ていて楽しいです。

人気のあった漫画で、キャラ投票をやり、結果を単行本で発表するなどプリンセス誌では面白い趣向をしていました。また、当時のプリンス誌をよく読んでいた方なら知ってるかと思いますが、碧ゆかこ氏などと漫画の中でお互いのキャラを登場させたりなど仲の良さをアピールしている漫画でもあり、ファンには見ごたえのある作品となっています。

この前、ヤリサー 漫画 無料で立ち読みしてみましたが、私立大学のテニサーってこんなにヤリ目的のサークルなんでしょうか。とてもHな作品で男子が好むのも分かる気がします。

DEATH NOTEは、あまりに話題になりすぎていて、読むのをためらっていたのですが、やっぱり面白かった。

世の中、正義が勝つ、というのが当たり前ではあるのですがそれがなかなか難しい。諸悪を「排除したい」という気持ちはきっとほとんどの人が持っていてデスノートはそのひとつの手段となる。でも月(ライト)ほどの秀才でも、結局は裁くことだけではなく、そのノートの力ゆえに自分の意地やプライドに翻弄されて、誤った道を歩み始める。

最後に撃ったのが松田だったというのは、よく分かる。
彼はノートの存在に悩みながらも、「世の中を良くする」という建前の元に、父や家族を犠牲にした月を赦せなかった。刑事局長だった月の父を尊敬し、その死を家族同様に痛みとして感じていた松田だったからだと思います。

それでも最後のシーンには考えさせられた。
弱いもの、社会的に虐げられているものが、天に力を求めるのは、いつも同じ。
そういう願望を持つ人が減らないこと、また弱者そのものでなくても「何とかしたい」と思う人たち、そういう人たちの意思こそが、これから新しい世界を作っていくのだと思います。

お茶にごすを読んで、やっぱ自分はこういう価値観だなと思った。
「今日から俺は」もそうだけど、内気な小学生の世界観をこうも表現できてるものはないと思う。
調子こいてる奴は目に入ったら殴っていい。とか自分のやることは自分が許せばやっていい。とかバカマジメで融通きかない奴はおちょくっていい。

とか女の前で頑張る。とか難しいことは知らなくてもテキトーに知ったかぶって誤魔化してもいい。とか先輩の理不尽な要求にはいくらでも逆らってもいい。とか勉強できる奴には優しくする。

くだらない罠をかけるバカは放っといても淘汰できる。とか話の速い奴とは因縁がなかったかのように利用できる。とか自分よりタチ悪いのがいたら様子を見て近づかない。
とか大人になっても役立ってるなーって思った。

もちろん、それじゃよくないよなーって戒める系統のドラマです。安定した面白さです。
和の茶道とうまくギャグをマッチさせたなって感じですw